生活習慣病の原因は不眠症も関わっている?

不眠症に陥ると夜眠れないため昼間に強い眠気や倦怠感に襲われ、集中力の低下から作業効率が落ちるなど日常生活にも支障が出て来ます。
そればかりか近年では、不眠症が生活習慣病を引き起こす原因になっていることが明らかになって来ており、健康を守る上での睡眠の重要性にいっそう注目が集まっています。

不眠症が生活習慣病の引き金となると考えられるようになったのは体内時計に関する研究が進んだためです。
体内時計の乱れは単に生活習慣が悪化して食生活も乱れて肥満になるといった影響だけでなく、心身のリズムそのものが乱れて自律神経やホルモン分泌も狂わせることになります。
自律神経が乱れて交感神経と副交感神経のバランスが崩れると血圧の調整が上手く行かなくなって高血圧になりやすく、血糖値を下げるインスリンへの反応も悪くなって糖尿病を誘発して悪化させる恐れが出て来ます。

不眠症は生活習慣病の中でも糖尿病と密接な関係があるとされ、まず不眠が続くと血中の糖分濃度が調節しにくくなることで食欲増進物質が分泌されるため肥満になります。
さらに不眠症は眠れないこと自体が心身に悪影響を及ぼすため神経を興奮させる作用を持つノルアドレナリンやコルチゾールといったホルモンの分泌量が増加します。
いずれも血糖値を上げるよう働きかけることから糖尿病を引き起こしたり悪化させるなどの要因になると言われてます。

生活習慣病を防ぐには規則正しい生活を送り、食べ過ぎを防いで適度な運動を行うことが重視されていますが、夜眠れない日が続いている人は不眠の改善こそが重要と言えます。
年齢が上がるほど不眠症の発症率も上がっているとされますが、その原因にメラトニン分泌量の低下があると言われます。
メラトニンは睡眠ホルモンとも言われ本来は脳内で夜にだけ分泌されますが、加齢と共に分泌量が低下するため高齢になるほど睡眠時間が短くなると考えられています。
不足したメラトニンを補うことで不眠の改善に繋げられることから、メラトニン配合のメロセットが注目されています。

メロセットなどの睡眠導入剤は眠れない時に試す

メロセットは睡眠導入剤として夜眠れない人が服用する薬です。
一般的な睡眠導入剤と違って強い薬効で強制的に入眠させるのではなく、メラトニンの作用によって人体が自然な眠りに就けるよう副交感神経に働きかけます。
心身をリラックスさせる副交感神経はメラトニンの働きかけで体温や脈拍、血圧を下げて身体に眠りに入る態勢を整えるよう促します。
それが脳に伝わることで自然な入眠がもたらされます。

生活習慣病の引き金になると言われる不眠症は、体内時計を狂わせて自律神経の乱れも悪化させ、血圧コントロールも乱して高血圧にしたり、肥満になりやすくする上血糖値を上げて糖尿病を引き起こし悪化させて行きます。
眠れない日が続いても睡眠導入剤の副作用や依存症が気になって使用を控える人も少なくありません。
メロセットの有効成分は人の脳内でも分泌されるメラトニンであるため依存症になりにくく、用法用量を守って服用する限り重篤な副作用の心配も少ないと言われています。

メロセットのメラトニンによって自然な入眠を実現し睡眠の質も良くなるため朝の目覚めも快適となって、徐々に睡眠リズムが整えられて来ます。
朝の太陽光を浴びることで体内時計がリセットされて幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンが分泌され始めますが、これが日没後から分泌されるメラトニンの材料になります。
メロセットのサポートで睡眠リズムを整え理想的な生活サイクルにして行くことで自分の脳内でのメラトニン分泌を促すことも期待できます。

穏やかな作用で睡眠をもたらすメロセットは副作用の心配が少ない睡眠導入剤ですが、妊娠中や授乳中の人、小児など服用を避けた方が良い人もおり、飲み合わせ注意の薬も幾つかあります。
不眠症のほかに持病がある人はメロセット使用前に医師や薬剤師に相談しておくことが大切です。