変形性膝関節症は女性に多い症状

年齢を重ねる中で関節痛に悩む方は多いですが、中高年の9割以上が変形性膝関節症と言われています。
特に多いのが女性患者です。女性の方が男性に比べて筋肉量が少なく、関節にかかる負担が多いからです。
閉経などホルモンバランスも影響すると言われています。

更に、妊娠出産を経験する中で骨盤が開き、産後の骨盤が不安定な状態のまま育児期に突入するため骨盤のゆがみも生じています。
歩き方や座り方のクセが原因で下肢に歪みが出てきている場合もあります。
若いうちは筋力でなんとかカバーできていても年齢を重ねると関節痛はひどくなる一方です。
痛みナビ体操など日頃から改善のための努力をしておくべきです。O脚や肥満の方は特に症状を発症しやすいです。

関節の中でも特に膝は日常生活で負担がかかりやすい場所です。
立ち上がるとき・歩き始めるときに痛みが生じるようになったら変形性膝関節症の初期症状です。
進行すると階段の上り下りや正座したときなどにも痛むようになります。
じっとしていて膝に負担がかかっていないときであれば特に痛みも感じないのですが、そのうち安静時でも痛みが取れなくなることがあります。

膝の関節の軟骨が傷つき、関節に炎症が起こっています。そのうち膝のお皿の周辺に水が溜まってくるでしょう。
ひざがはれ上がっているため痛みはもちろん動かすことも困難になり日常生活に大きく影響を与えるようになります。
歩き始めには横にぶれることもあります。

できるだけ早い時期に病院を受診すれば、生活の習慣の改善や運動・薬・装具などで改善することは可能です。
しかしながら病気が進行してしまうと関節鏡視下手術や人工膝関節置換術といった外科手術が必要となります。
それでも、壊れてしまった軟骨を元通り戻すことは難しいのです。
早期発見早期治療はもちろん、そうなる前に日頃から予防に努めましょう。
運動不足の方や同じ姿勢をしていることが多い方・姿勢の悪い方・太りすぎの方は特に変形性膝関節症になりやすいです。

大きな要因の一つにストレスがある

変形性膝関節症の原因としては、膝に対して物理的な負荷がかかることと、心に対して精神的な負荷がかかることがあげられます。
いずれも症状を悪化させる大きな原因となりますので、その詳細などをしっかりと確認して対策に取り組むことが必要になります。

膝に対する物理的な負荷は変形膝関節症を発症させ、関節痛などを悪化させます。
運動不足や加齢による筋肉の衰え、無理な動作や肥満、O脚などの脚の変形が膝への負荷の原因となりますが、実際にはさらに様々な要因が複雑に関連するため、直接の原因を特定できないことが多いようです。

心に対する精神的な負荷も、変形膝関節症を悪化させる原因になります。
変形膝関節症は高齢の女性に多い病気ですが、膝の痛みが強いと日常生活にも支障をきたし、家に引きこもりがちになります。
その結果うつ病や認知症などの症状があらわれやすくなり、運動不足により変形膝関節症が深刻化するという、悪循環に陥りやすくなるのです。

変形膝関節症の治療では薬物療法が行われますが、膝への負荷を解消するためには運動療法が効果的です。
膝関節周辺の筋肉を鍛えれば膝関節への負荷を軽減することができますし、血流が改善することで膝関節に必要な栄養の成分がしっかりと行き渡ります。
さらに気分転換やリフレッシュ効果なども期待できますので、精神的な負荷を解消するためにも最適だといえるでしょう。

変形膝関節症の人が激しい運動をすると関節痛を悪化させる可能性がありますので、まずはウォーキングなどの軽い運動から始めてみましょう。
さらに変形膝関節症に効果的だとされている、痛みナビ体操などもおすすめです。
かかりつけの医師の指示に従って、無理のない範囲内で運動に取り組んでみてください。